クラスの違いについて

どうもみなさんおはこんばんにちは!


宇治田です!


最近、少し涼しくなったり暑くなったりで皆さん、体調は崩してませんか?


丈夫な身体を作るのには、運動は不可欠です!!


かといって、自分の身体のレベルに合った運動をしなければ、


怪我をしてしまいますし、疲れすぎて体調を崩してしまいます。


そして何より、続かないですね笑


今日は初めたばかりの方や入会希望の方がよく疑問に思われる、


 「ビギナーキッククラス」と「コンビネーション/テクニックキックキッククラス」の違いって?


 という質問にSHOW TIMEのクラスを例にとってご説明します👍


 「ビギナーキッククラス」



初めてキックボクシングをやる人や、まだクラスの経験の浅い方のための入口のクラスです。


いろはの「い」です。


クラスでは、まずストレッチ


そして身体を温めるウォーミングアップの動きをします。


この辺はキックに関係していたり、まったく関係のない動きで身体を温めたりと様々です。


クラスによっては、立ち相撲や肩タッチゲーム等のゲームをして身体を温めます。


次にフォームの確認。


いわゆる“かまえ”です。


基本の“かまえ”が狂うとすべてが狂ってしまいます。


次が基本のパンチ&キック、パンチはほとんどが“ジャブ”と“ストレート”のみです。


キックも右ミドルキック、左のミドルキックといたってシンプルです。


次に”ット打ち”ペアになって、相手が持っているミットめがけて実際に殴ったり蹴ったりします。


体験の方などはインストラクターがしっかりサポートします。


体力、筋力、年齢、性別、気にせずやってみてください。


しんどくなってしまった場合は、周りを気にせず自由に休憩を取っちゃって下さい笑


ドカドカ殴って蹴って、ストレス解消です。

もちろん途中でドリンク休憩が何回も入ります。


最後は、少し筋トレをしてから、ストレッチをして終わりです。


※「カンタンキッククラス」は、ビギナーキッククラスよりもレベルが下がり、

運動量も少ないさらに簡単な初心者中の初心者向けのクラスです。


「コンビネーションキッククラス」



コンビネーションキッククラスのクラスの流れは基本的に


ビギナーキッククラスと変わりませんが、ミット打ちの内容が変わります。


ビギナーキッククラスでは、左右の真っ直ぐなパンチと左右のキックのみで動きますが。


コンビネーションキッククラスでは、フックやアッパー等のパンチや


キックも、膝蹴り等を使います。


クラス自体の運動量も全体的に上がります👍


「テクニックキッククラス」


テクニックキッククラスのクラスの流れも基本的に


コンビネーションキッククラスと変わりません。


内容や運動量も変わりません。


ですが、他のクラスと違って、「受け返し」という練習があります。


「受け返し」というのはミット打ちとは違い、


ペアの双方がグローブとレガースという脛当てを付けて行なう


試合形式の対人練習です。


とは、言っても実際に殴ったり、蹴ったりなどはしません笑


攻撃もランダムではなく、どういうパンチを打ち、どんな蹴りを打つかを決め、


決まり事の中で動いていく上に、ほとんどがゲーム的な遊び感覚の動きばかりです😀


もちろん最初にパンチ・キックのディフェンスの仕方も丁寧に教えてくれます👍


他にもクラスがあるので、機会があればまた書かせて頂きます😀

​刺青、タトゥーのある方のご入場、利用はお断りしております。

お問い合わせ
アクセス

SHOWTIME高円寺ジム

東京都杉並区高円寺北2-4-4 3F​​

☎️ 03-3310-5554
✉️ gymshowtime@gmail.com

​営業時間
平日 12:00〜22:30 
土日 10:30〜18:00
​定休日 月曜日
ご連絡フォーム